生きるための感性

自分自身がそれを目指すがためのひいき目ではないと思うが、時代の流れはかつての大量消費型ではなくシンプルで知的な生き方にシフトしつつあると思っている。
拡大再生産の時代は終わりつつあると。
上記の二つの記事はそういった視点で書いている。