読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またもや経営刷新

2月8日、∴∵さんのゆびとま社が日本スポーツ出版社の子会社化トラックバックとして書き直しました

ゆびとま社がまたもや経営刷新したようです。
ゆびとま社会社概要
何度も書きますが、個人情報を保持している会社が何の告知も無くこんなにころころと経営体制を変えていいのでしょうか。
旧経営陣を信用していたわけではないのですが
旧経営陣はすっかり消えています。
それでもなおアナウンス無しで平気な新しい経営者も気になります。

これ、知らなかったのは僕だけですか?
皆さんはご存知でした?
念のために問い合わせを出しておこうと思っています

教えてくださったHさん、ありがとうございます。

追記:下記のように事務局宛質問いたしました。
最近ゆびとま社の経営体制が二度ほど大きく変わったように拝察します。
私の失念かもしれませんが、御社に個人情報を預け若干の利用料を支払っている私どもにはそのあたりのアナウンスやガイダンスは無いのでしょうか。
確かにユーザーに不利な規約に基づいて考えるならば、突然のサービス停止やプライバシーポリシーの変更があってもおかしくは無いかと思いますが
そういった説明が全く無いサービスはあまり聞いたことが有りません。
1.今回の経営体制に関するアナウンスはなされるのか。
2.サービスに関する今後についてアナウンスはあるのか。
3.今後こういった体制の変更についてもアナウンスする方針は無いのか
以上についてお問い合わせいたします。

回答追記:
事務局から回答をいただきました
前回社長が本上氏になったときには季刊「プリズムすくえぁ--2006年新春号」に紹介とのこと、確認すると

ゆびとまからのお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆株式会社ゆびとま新役員体制のお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
株式会社ゆびとまは、2005年11月2日付で代表取締役社長に本上陽を、新設の取締役
名誉顧問に小久保徳子(元代表取締役社長・創業者)を、さらに新たに三名の取締役
を選任いたしました。新生ゆびとまとして更なる飛躍を目指し邁進してまいりますの
で、より一層のご愛用ご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆社長あいさつ「年頭にあたり〜新生ゆびとま、更なる挑戦の年!」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス「この指とまれ!」な
らびに「Echoo!」をご愛用くださいまして誠にありがとうございました。
昨年11月2日付で、新しく代表取締役に就任いたしました本上でございます。

本年は、新生ゆびとまスタートの年です。
ゆびとま創業の志を受け継ぎながら、来る12日に吸収合併手続が完了予定の
「株式会社ゆびとまエージェンシー」の新進気鋭、バイタリティ溢れるスタッ
フとともに、自社サイト「この指とまれ!」「Echoo!」の全面リニューアルを
はじめ、より安全に、より使いやすく、より多くの方々にご愛用いただけるサ
ービスの創造に向け努力してまいります。また、従来のインターネットサービ
スに加え、バーチャルの枠と垣根を超えたリアル融合型の様々な新企画にも挑
戦してまいる所存です。
組織体制も一新し、若返った新生ゆびとまに皆様どうぞご期待ください。
本年も、旧倍のご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社ゆびとま
代表取締役社長 本上 陽


となっていました、気がつかなくてしつれいしました。
で、今後こういったことは基本的にアナウンスまではしないので、ゆびとま社のホームページで確認してくださいとのことでした
加えて
最近の経営刷新に関わらず、「この指とまれ!」や「Echoo!」等の
サービスは従来どおりご利用いただけますので、ご安心いただき
引き続きご利用くださいますようよろしくお願いいたします。

と、書いてありました。
まずは第一報として追記しました。

またまた追記:日本スポーツ出版社の持ち株は半数を超えて、ゆびとま社は子会社の形になったようです。
ベンチャーナウ:2月7日記事