読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

領土問題

もちろん僕は戦争も戦後も知りませんが、ここ数年の国際問題のいくつかは放置する事ができない戦後なのでしょう
先日初めての竹島の日と言う事で韓国の抗議が報道されていました。日本が抱える領土問題はこの竹島も含めどれも国際法上は日本に分があるように思えますが、この竹島に関しては少し難しい問題が含まれるようです。それは韓国にとってここは太平洋戦争において日本による占領の始まりと考えられていると言う事だそうです。大使館の襲撃、国旗を燃やす抗議行動などに加え他国への憎悪を学校教育にも盛り込んでいる事など違和感を禁じ得ません。あるいは侵略戦争をしたというレッテルや戦争放棄の法律への遠慮を持った日本は甘く見られているのではないのかという思いから、中国?韓国への微かな嫌悪も感じます。韓国での外国映画輸入に対する抗議行動でさえ軽蔑したくなります。
しかしこれは危険です。人から見た自分、他国から見た日本、本当は計り知る事ができない幻想に感情的になるのは危険です。
こんな時にはひとまわり大きい視点で見渡す事が必要でしょう。竹島の経済的価値は全く知りませんし、その付近の領海で日本の漁師さんが危険な目に遭っている事も重要かもしれませんが、国際社会における日本の存在を見渡して議論する事が必要かもしれません。道理はどうであれ韓国の人たちにとって竹島が感情のポイントになっているのならばきちんとした主張の後に何らかの譲歩があっても良いのかもしれません。
それにしてもせめて日本では他人への憎悪を指導することなく、できる限りの真実を誰もが知る事ができる国であって欲しいと改めて思います。
念のため申し添えますが、ここに書いたものは僕が自身の確認の為に書いたもので、何らかの主張をするものではありません。