読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

間違いと罪

堀江メール民主党は危機に見えます、テレビでは永田さんも民主党もかなり叩かれています。
しかし、メディアによる堀江さんの扱いが取り沙汰されたこともまだ記憶に新しい所です。
政治家が責任を問われる出来ごとは多く見てきました。その多くは立場を利用しての金儲けなどの違法行為に端を発するもの、つまり罪と知ってなおなされた行いについてでした。今回は名誉棄損という部分もありますがその出発点は違います。憶測ですが所属党内でのニュアンスも金儲けやスキャンダルの時の「あいつは派手にやり過ぎたんだよ」とか「遊びが過ぎたね」とかとは違う「ミスは誰にもあるんだから」といった異質な物なのではないかと想像します、メールに対する認識の確認が無かったのもへろへろの永田さんにもうわかってる事を念押ししづらい、そんな感じだったのではないでしょうか。民主党って得体が知れなかったけれど、これで返って親しみが湧きました。
もちろん高給取りが沢山集まった場を無駄にした事、自民党にものを言いにくくなってしまった事、プロ意識の不足など思いっきり考え直していただく要素はありますが、テレビ出演者が一般人の代理のような顔をしてぼろくそ言っているのを見ているとおいおいと言いたくなります。