読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ALONE


透明な闇の中で




夜の道をひとり
冷気が指先に入り始める季節に
街は畏れさえもかわいていて


それでもこれほど孤独が満たされているのは
モクセイの香りのせいかもしれない


もうすぐ夜が明ける