読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の道

年度末で道路工事が多いです。
二車線ある道路で一車線を止めて工事してる場合みんな早めに車線変更をするので、結果的に工事をしていていないほうの車線の方が流れが悪くなる場合が多いですね。みんなが合流地点まで行き譲り合って交互合流すれば無駄なストレスなく行けるのにと思うのですが、現状はズルイ!と冷たい視線を浴びながら実践することに成ります。
さて、こういった合流のときにちょっとしたコツがあります。
実際にはこちら側が車線変更するために入れてもらうもしくは割り込むわけだけれど、自分が進む道をまっすぐ思い描いてスピードをあまり変えないで進むとスムーズに入れます、極端に進んだり遅くなったり左右にハンドルを切ったりしない分周りに不安を与えないこともありますが、いかにも割り込んできたようなハンドリングではなく当たり前のようにまっすぐ進む車は違和感がないはずです。
つまり自分の思いが回りに伝わり回りを変えるといえます。
後は本来入れてもらっているわけですから手を上げるなりハザードを焚くなりしてお礼を言いましょう。
それと高速道路でやったら単なるわがまま運転なだけじゃなく危険ですからやらないでくださいね。
ところでこれは車の運転だけに限らず日常の将来ビジョンにも当てはまることなんです。
いわく「思いは形(現実)になる」
とはそういうことなのでしょう。
不安な時、悩んだ時こそ真っ直ぐ自分の行く先を見据えて進んでもらいたいと願うのです。