読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご縁を頂いた皆様方へのご案内


あれこれ考えまして、私今枝は伊豆の下田へ引っ越すこととしました。
実は引越し先の契約も完了しないままの5月30日にささやかな家財を車の後ろに詰め込んで
えいやっ!とばかりにやってきたわけですが
それに先立って、当たり前のようにおきていく諸々は
当たり前で無い驚きと共によい方向へと進むのを体験しました。


数々のドロップアウトを経験して、全く申し訳ないほど回りにも迷惑をかけ
おかげさまで「何も持たない」立場にいられるということは
自由に飛ぶことが出来るということ、
その自由の風に乗らなければ、
逆に何も持たない単なるドロップアウトになってしまう
そうした立場にいられることを実感しているわけです。


この「当たり前ではない驚き」を目の当たりにしているのは
ラッキーだからではありません。
五年以上十年未満で思い描いていた「やりたいこと」がありました
ほかの多くの出会いと同じような貴重な出会いがありました。
自身がこの世で果たすべき役目をおもい、打算抜きでいくつかのことをしてきました
そうした流れの、当たり前の結果のように
いまおきている諸々をありがたく頂いているのです。


そんなわけで、今は宿暮らしの宙ぶらりんです。
昨日から寄せていただいている
龍馬HOUSEは一軒家の一階部分を借りる形で泊まれる場所
下田市の須崎にあります。
とても広くて自由で、今回のように一人で泊まると寂しいくらいですが、
自分の家のようで、友達を招きたい衝動に駆られます。
冒頭にのせた風呂場の写真
四角い浴槽の外には給湯と追い焚きの釜がついている
なんとも言えず懐かしい風呂で、昔の我が家に帰ったようです。
少し前のこうしたお風呂が当たり前のころならば、
旅先で所帯じみた…という印象だったのかもしれませんが
今は懐かしいばかりです。
PS2のゲームソフトに「ぼくの夏休み」というのがありましたが
あれのとおりの懐かしさです。
じっさいあのソフトの舞台はこの伊豆地方だと聞いたことがあります。


今日は、ここの先にある恵比寿島を見てきました。
台風の後の荒れた波に圧倒されました
そのほかの場所を含めて沢山動画などを撮影してきましたが
それはまた、落ち着いたらじっくりとご紹介しますね。